100万円の借入をおまとめローンで一本化するとお得になる

借入件数と借入総額が増えてくると、毎月の返済管理はとても大変になってきます。利息負担も大きくなってくるので、ある程度の金額になってしまったらおまとめローンを利用した方が効果的です。借入総額が小さいうちは、おまとめローンを利用してもそれほど大きなメリットは得られません。

 

一般的には、借入総額が100万円以上の場合におまとめローンを利用するとだいぶ金利負担が小さくなると言われています。とはいえ消費者金融によっておまとめローンの金利には違いがあるので、100万円は一つの目安であると覚えておきましょう。

 

返済が楽になる無利息サービスありのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

50万円未満だとおまとめローンの金利も高め

おまとめローンでは、借入金額が少ない程金利が高くなる仕組みになっています。消費者金融の中には借入金額が50万円未満の場合に収入証明書なしで融資が受けられる会社がたくさんあります。その為少額の借入は非常に手軽に利用できるのですが、その分金利は高くなってしまうのです。

 

借入総額60万円でおまとめローンを利用すると?

おまとめローンが必要になってくるのは、だいたい借入総額60万円からだと言われています。これくらいの借入総額になると、おまとめローンを利用した場合に少しずつ金利が低くなってきます。審査結果によって金利には違いがありますが、複数社から少額ずつお金を借りている状態に比べると、利息負担は小さくなる可能性が高いと言えるでしょう。

 

80万円だと金利が低くなる可能性が高くなってくる

借入総額が80万円を超えて来ると、おまとめローンの利用によって金利が低くなる可能性は非常に高くなってきます。信用情報に大きな問題がないなら、今後の返済生活を考慮しておまとめローンを本格的に検討してみてください。

 

100万円を超えたらおまとめローンがお勧め

借入総額が100万円以上なら、ほとんどの場合おまとめローンの利用によって利息負担が軽減されるはずです。複数社から100万円を借りている場合、毎月の利息負担額も決して小さいものではありません。一つの金融機関で借入を一本化すれば金利も低くなり、返済負担を小さくすることが可能になります。借入総額が100万円を超えている場合は、ぜひおまとめローンを利用しましょう。

 

もしも金利が下がらなかったら?

おまとめローンで借入を一本化すると、金利が下がる可能性は高いです。しかし絶対に金利が下がるとは断言できません。利用する金融機関や信用情報によっては、たとえおまとめローンを利用してもあまり金利が下がらない可能性も否定は出来ないのです。

 

しかし、金利が下がらない場合でもおまとめローンの利用は非常に有益です。多重債務者の中には、自身が一体いくらの借金をしているのか把握できていない方が少なくありません。一度おまとめローンで債務内容を確認し直すことで、自身が抱えている借金を明確に見つめ直すことが出来ます。おまとめローンで借金を一本化することで金利以外のこうしたメリットもあるので、多重債務陥っている方は、借金の整理の為にもおまとめローンを利用しておきましょう。

 

おまとめローンを使えば多重債務から脱出できる

多重債務というのは、複数の金融機関からお金を借りている状態を指します。借入総額に関わらず、借入件数が多いと多重債務になるのです。おまとめローンで全ての借入を一つにまとめると借入件数は一つになるので、多重債務ではなくなります。

 

多重債務者がなかなか借金を完済できない理由の一つに、返済のゴールが目に見えないという点が挙げられます。複数の借入を抱えていると、返済しても返済しても借金が終わらないという錯覚に陥ってしまいます。その結果返済を頑張る気力が欠如してしまい、返済の為に更に多重債務に陥ってしまうケースも少なくありません。

 

おまとめローンで借入をまとめることが出来ると、明確な返済のゴールも見えて来ます。一回返済する度にきちんと残債が減って完済日が近づくことが分かるので、債務者の返済へのモチベーションも維持されやすくなります。

 

返済の手間と手数料を減らすことが出来る

カードローンやキャッシングの返済の際には、手数料が発生してしまうケースが珍しくありません。近年は銀行やコンビニのATMからの返済が可能になっている消費者金融が多いですが、提携ATMを使って返済すると手数料負担が発生するのが一般的なのです。コンビニATMから返済できるのはありがたいですが、手数料負担が増えてしまうのは少々困りものです。

 

複数の借入がある場合、返済の度に手数料が発生していることになります。仮に3件の借入があるなら、毎月3回分の返済の手数料が生じているのです。一回当たりの手数料はわずかでも、積み重なれば大きな負担になりかねません。

 

おまとめローンによって借入件数が減ると、返済時の手数料負担も少なくなります。返済手続きの手間も減らせるので、債務者の返済負担は全体的に非常に小さくなると言っても過言ではありません。借入件数が多いと、それだけで様々な負担が発生します。複数の借入を抱えている方は、出来るだけ早めにおまとめローンの利用を検討しておくことをお勧めします。

必ず、「おまとめ、借り換えOK」のカードローンを選ぶ

おまとめローンはキャッシング会社にとっても利益があるのですが、大きなデメリットもあります。そのために、多くの金融機関は積極的に利用するようにはしていません。もちろん、制度としては、どこの消費者金融でも利用することはできるかもしれませんが、そう簡単に審査に通ることはないでしょう。

 

ですが、中には銀行カードローン、消費者金融を含めて、積極的におまとめローンを利用可能にしている金融機関があります。それを見極めるコツは、ホームページなどに書かれている「おまとめ、借り換えOK」という表記です。

 

銀行カードローンならどの銀行にあるのか

おまとめローンは、借金の一本化ですから、かなりの金額の融資になることでしょう。ですので、金利の安い銀行カードローンを利用するつもりの方も多いはずです。銀行カードローンの中でも「おまとめ、借り換えOK」と表記されているのは、オリックス銀行、楽天銀行、イオン銀行のそれぞれのカードローンです。これらならば比較的審査に通りやすい事でしょう。

 

その他の銀行はどうなのか

もちろん、その他の銀行でも利用することは不可能ではありません。しかし、銀行側からすれば、おまとめローンの審査はかなり複雑ですし、もちろんデメリットもあります。デメリットとしては貸し倒れが一番想像しやすいでしょう。借金の一本化では相当な金額の借金になるはずです。

 

少なくとも100万円は超える、という場合がほとんどを占めます。そうするとなかなか返済されることがなく、しかも、借金の一本化が必要となる方の場合は、たくさんの金融機関からお金を借りている、多重債務者の方がほとんどです。多重債務者になる方の多くが、借金の返済のために借金をする、というような方ですから、返済にあまり期待できないのです。

 

そもそも利用者自体が審査に通過し辛い

先ほども述べたように、利用者が多重債務者の場合は、そもそも審査を厳しくされてしまいます。多重債務は借金の返済のために借金をするような方が多いですし、その上、融資限度額が低いからこそ、たくさんの金融機関を練り歩いて資金を回収しています。融資限度額が低い、ということはそれだけ金融機関から信用されていない、ということです。

 

ですので、おまとめローンを利用しに来ている時点で、その方はキャッシング業者から見れば危険人物なのです。危険人物というのは返済という面から見て、ということになりますが、それだけでも審査に通り辛いのですから、余計に審査の厳しいおまとめローン、その上銀行が相手ですと、よっぽど信用させる要素がない限りは、審査通過自体が難しいのです。ですので、そのような方の場合は、比較的審査に通りやすい消費者金融を利用するといいでしょう。

 

消費者金融の中でおまとめローンを行っている会社

消費者金融の場合ですと、おまとめローンも利用できる、というような表記をしているのではなく、はっきりと「おまとめローン専用」のコースを設けている所があります。おまとめローンしか取り扱っていないコースですから、こちらの方が審査に通過しやすい、というのは想像し易いですね。

 

おまとめローンの専用コースを設けているのは3社の消費者金融です。プロミス、アコム、アイフルです。それぞれ、プロミスはおまとめローン、アイフルはおまとめMAX、アコムは貸金業法に基づく借換えローン、という名称です。名前は同じでも中身は基本的に同じです。その中からどこを選ぶかは、それぞれの金利率を見て決めるといいでしょう。

 

おまとめローンの金利率

それぞれの下限金利と上限金利は以下のような割合となっています。アコムが7.7%〜18%、アイフルが12%〜15%、プロミスが6.3%〜17.8%となっています。下限金利は借入金額が大きい場合、上限金利は借入金額が少ない場合に適応されます。それを含めて考えてみると、借入金額が大きくなってしまう方ならば、下限金利のもっとも低いプロミスが一番よく、借入金額が少なくなる場合は、アイフルが一番いい、ということになりますね。

 

アコムの場合は非常に中途半端な数値となっています。新規に申し込む上では、アコムを選ぶメリットと言うのは一切ありません。新規の申し込みになるとどうしても時間もかかりますから、アコムを利用する場合は、そのような時間をカットしたいというときに、すでにアコムを利用していると言うのなら、利用してみるといい、ぐらいの感覚でいいでしょう。

 

プロミスを利用するのが一番多くなる

結果的にはおまとめローンならばプロミスが一番いいと言えるでしょう。なぜかと言えば、おまとめローンは基本的に100万円を超える高額融資を受けることになります。少額でおまとめローンをすることはまずないでしょう。

 

さらに、上限金額はプロミス、アイフルともに300万円ですから、100万円を超えたあたりからは、間違いなくプロミスの方が金利は低くなるので、プロミスを利用する方が得をするのです。

最新!カードローンのスペック一覧比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日